健康との深い関わり

年齢を重ねれば重ねるだけ、
食品やサプリメントを用いて酵素を補うことはとても大切とされています。
なぜなら、年齢と共に体内酵素は減少してしまうからです。

以前は、暴飲暴食をしても、翌日にはまたいつも通りの食事を摂ることが出来たのに、
近頃は翌日まで胃の調子が悪かったり、
酷い二日酔いに悩まされることが多くなったという人も多いのではないでしょうか。
それは、体内のある潜在酵素が減少してしまったため起こる症状なのです。
潜在酵素とは、生まれた時から体内に備わっている分を指し、
一生分の量は予め決まっているとされています。

ですから、年齢と共にその量は減少し、その働きによって支えられていた
消化機能や代謝機能が低下し、身体にさまざまな不調が起こるのです。
ダイエットも、そのひとつです。若い頃、ダイエットで高い効果が得られていたのは
、体内に豊富に酵素があったためです。
それが血流や代謝機能、栄養の吸収や運搬を効率よく助けていたため、
若い頃は比較的ダイエットの成功率が高かったのです。

裏を返せば、年齢を重ねてからでも、体内に十分な酵素を補うことが出来れば、
ダイエットの成功率も上がるということです。
体内の酵素を減らしてしまう要因には、暴飲暴食の他にも、
ストレスや疲労、煙草やアルコールなどの嗜好品からの刺激などがありますが、
それらを解消したり控えたりすることで、まずは減ることを防ぐことが大切です。

さらに、酵素を含む食品を毎日の食生活に摂り入れ、
外側から補ってあげることも大切なのです。
日本には、古来から酵素を多く含む食品が伝わってきていますから、納豆や味噌、
醤油や漬物など、消化に大量のエネルギーを使う油脂類を多く含んだ洋風の食事から、
和食をメインにすることで、多くの酵素を摂り入れることが可能になってきます。

和食は、身体の機能を整えてくれる成分が豊富なことから、
今や健康食品として世界中で愛されています。
胃腸にとっても優しいものが多いことから、ダイエットを考えている方は、
一石二鳥を狙って、積極的に和食を摂り入れることをお勧めします。

太った自分にさよならしたい人 > 健康との深い関わり